口内炎

口内炎に悩んでいるなら葉酸摂取

葉酸は細胞を作るのに必要な成分です。
そのため妊婦さん以外でも日頃から摂取する必要があります。

細胞が新しく作られる時には、元々ある細胞が分裂して数が増えます。
その際遺伝情報の詰まったDNAがコピーされるのですが、それには核酸を合成する葉酸が必要になります。
ヒトの体内では常に新しい細胞が作られる新陳代謝が行われていますが、特に活発に行われているのが粘膜です。

粘膜は皮膚や筋肉などと比べて、細胞の生まれ変わりが早い場所です。
そのため、葉酸不足によって影響の出やすい場所でもあります。
葉酸が不足している状態だと潰瘍ができやすくなり、口内炎もすぐにできてしまいます。
栄養が偏っている時に口内炎になりやすいのは、葉酸不足も原因の一つです。

また口内炎ができやすいだけでなく、治りにくくもなります。
口内炎や胃潰瘍などの炎症を治すには、新陳代謝を活発にして新しい細胞を作る必要があります。
皮膚のターンオーバーの周期が約1ヶ月なのにも関わらず、傷は1週間ほどで治ってしまうのはその部分の新陳代謝が活発になっているからです。
ですが十分な量の葉酸がなければ、それもうまくいきません。
なかなか治らず、また新しい口内炎ができるという悪循環に陥ってしまいます。
葉酸を十分に摂って、口内炎の予防、改善をしましょう。