口内炎

葉酸は妊活を助けてくれる

妊婦は葉酸を摂るようにという話はよく聞くようになってきましたが、葉酸が必要なのは妊婦だけではありません。
むしろ妊活中の人にこそ必要なのです。

葉酸には細胞の中で最も重要なDNAを合成する働きがあります。
不足していると細胞分裂が正常に行われないため、様々なトラブルを引き起こします。

妊娠中に葉酸が必要な理由はいくつかありますが、一番は胎児の奇形を防ぐためです。
DNAが正しくコピーされないことで胎児に無脳症などの奇形が起こる可能性があります。
葉酸を十分に摂取している場合と不足している場合では先天的な奇形が起こる確率に差があることがわかっています。
胎児は活発に細胞分裂を行っていて、その時に必要な葉酸は母親が摂った物を利用します。
母親自身も必要な成分ですから、2人分摂る必要があるのです。
妊娠が発覚した時にはすでに胎児は細胞分裂を行っています。
そのため妊娠が発覚する前の妊活中から十分な量の葉酸を摂る必要があります。

妊娠しやすい身体を作るためにも必要です。
血液は常に新しく作られていますが、葉酸が不足している場合赤血球などが正しく作られなくなってしまいます。
赤血球は死滅してしまったり巨大化してしまい、本来の働きができなくなってしまいます。
その結果起こるのが悪性貧血です。
貧血で体内に十分な酸素が行き渡らない状態では、子宮や卵巣などが本来の働きをすることができません。
妊娠前に貧血は改善しておくようにしましょう。